「健康サポート薬局」の実現に向け、薬剤師の皆さまを応援いたします。

プラザコンサルティング株式会社

2. かかりつけ薬剤師と認知される為の心理的コミュニケーション力啓発研修

課題解決の為の処方箋(研修)

研修プログラム内容

2.
プログラム名 概要(狙い・内容)
かかりつけ薬剤師と認知される為の
心理的コミュニケーション力啓発研修
患者さんから「かかりつけ薬剤師」と認知される為には、薬学的知識に基づくアドバイスのみならず、患者さんの心理を起点とした対話のあり方が求められます。
本研修では患者さんからの様々な問い合わせに対して、患者さんの心情を起点にしつつ、双方にとって望ましい結果を導きだす為の対話のあり方を学習します。
具体的には、患者さんの発する言葉の裏側にある思いを共感的に受け止め、患者さんが心情的に受け入れ易い伝え方を体験的に理解します。

研修タイムスケジュール

心理コミュニケーション共感的理解アサーション

時間 かかりつけ薬剤師と認知される為の心理的コミュニケーション力啓発研修
0 分かる
(知的理解)
オリエンテーション
  • 患者様との信頼関係を作る為の2つの要素
  • 心理的コミュニケーションの必要性
2h 気づく
(必然性の醸成)
実習「3つの問い」
  • コミュニケーションにおける
    意図⇔言動・行動⇔影響
    の関係を理解し、意図と影響のGAPの原因となる自己の言動・行動に気づく。
    • ・個人・グループワーク
    • ・振り返り(個人・グループ・クラス)
    • ・解説
4h 磨く
(スキル啓発)
講義・実習「暖かい受信」
  • 心理に焦点を当て、相手が話したくなる様な
    聴き方を学習する。
    • ・個人・ペアワーク
    • ・解説
講義・実習「爽やかな発信」
  • 言いづらい事でも、爽やかな相手への伝え方を
    学習する。
    • ・個人・ペアワーク
    • ・解説
職場適応 振り返り
  • 講義・実習を通じて気づいた事、
    明日から実践する事を明確にする。

研修受講者の声

心理面に配慮するという観点を今まで意識していなかったので新鮮だった。

心が伴わなければ技は活きないという言葉が印象的だった。

無意識に行っているコミュニケーションを意識的に行う事によって、現場で実際に交渉などを行う場面に遭遇した時にも慌てずに対処できるのではと思った。

日々の患者様や先生、MSさん等との会話に取り入れたい内容でした。

研修サンプルテキスト ダウンロード

薬剤師研修をご検討されている方へ